腰 痛 症

腰痛
W.腰椎椎間板ヘルニア

 

ポイント!

腰椎椎間板ヘルニアでは腰痛ばかりで

なく、下肢のしびれや痛みを伴う

  腰椎の椎体(ついたい)と椎体との間には椎間板と言うクッションの役目をする組織があります。脊髄や神経の通る脊椎管は、その椎体や椎間板に接して、そのすぐ後にあります。そして脊髄から枝分かれして手足に行く神経を神経根(しんけいこん)と言いますが、この神経根は脊椎管から椎間孔(ついかんこう)と言う孔を通って外へ出て行き、腰から出る神経では、最後に坐骨神経や大腿神経となります。

 

  

 腰椎椎間板ヘルニアとは椎間板が飛び出して神経を圧迫する病気のことを言います。典型的には腰痛が出現し、しばらくしてから神経痛、例えば坐骨神経痛など起こることが多いようです。これは椎間板が後や横に飛び出してヘルニアを起こしますと、腰の痛みばかりではなく、ほとんどの場合、脊髄のレベル(部分)で足の方へ行く神経を圧迫して、下肢のしびれや痛みが起こってくるからです。腰の椎間板ヘルニアは、腰椎の4番目と5番目の骨の間および5番目の骨と仙椎(せんつい)との間によく起こります。その部分にヘルニアが起こりますと、それぞれ腰の神経の5番目の枝(神経根と言います)また1番目の仙髄の神経根が圧迫されます。そうしますと5番目の腰の神経根では下腿(かたい、膝より下の足の部分)の外側から足の背面、すなわち足の甲の部分、また小指以外の足の指のしびれが起こります。また1番目の仙髄(せんずい)の神経根では下腿の後面から足の外側部分、かかと、および足底(足の裏の部分)のしびれが起こります。

腰椎椎間板ヘルニアの治療としては、まず、腰部の安静、腰の牽引などの理学療法、ブロック注射療法などを行いますが、症状がひどい場合には手術が必要になってきます。

  ベッド上安静を行うと椎間板の内圧を下げ、神経根への刺激を減らす作用があります。ベッド上安静に際しては腰椎の前彎を減らす体位が勧められ、両膝の下に枕をいれたりして、下肢を挙上(持ち上げること)した体位が良いと言われます。