腰 痛 症

腰痛
U.変形性腰椎症 (変形性脊椎症)

 

ポイント!

椎間板や軟骨が老化現象により傷んだ

結果、慢性の腰痛で悩まされることが

ある 40歳以上の方に多い

 

  加齢現象のため、あるいは重労働を長く続けた方などは、腰椎の骨の間にある椎間板や軟骨が傷んで、ついには変形してきます。そして、これが原因となって慢性の腰痛が起こることがあります。この場合、椎間板や軟骨の変形が進んで神経を圧迫しますと、しばしば殿部(おしりの部分)の痛みや、シビレ感を起こす原因となります。

 

ポイント!

起床時や動作を始めた時に、腰のこわ

ばった感じや痛みを感じ、しばらく動

いているうちに軽快するようなタイプ

の腰痛もある

 

腰痛外来に来られる患者さんの20〜30%がこのタイプの腰痛です。その原因としては、加齢現象により椎間板や、腰椎の後にある椎間関節(ついかんかんせつ)と言うところが痛んで、そこから起こる痛みであることが多いようです。

但し、それ以外の原因で起こる場合もありますので、炎症や変形、あるいは癌など、他に原因がないかをよく調べておくことが大切です。

それ以外に、変性スベリ症(仮性スベリ症)と言って、椎間板や軟骨が傷んで支持力が弱くなった結果、腰椎の骨(椎体)が前方へずれたりすることがあり、この場合も神経を圧迫して下肢がしびれたり、頑固な腰痛を引き起こしたりすることがあります。なお変性スベリ症の傷みは、腰をコルセットで固定しますと和らぎます。

なお腰椎の後には、下肢へ行く神経が通っている脊椎管と言う管がありますが、椎間板や軟骨の変形が強くなってきますと、この管が狭くなってきて、そのため神経や神経を栄養している血管が圧迫されることもあります。その場合、神経の圧迫や阻血(血行不全)のために、殿部の痛みばかりでなく、下肢の痛みや、下腿(フクラハギの部分)、また足のシビレが起こったりします。

また、ひどい時には間欠性跛行(詳しくは脊柱管狭窄症の項参照)と言う特徴的な症状が起こることもあります。間欠性跛行とは、しばらく歩くと足が痛くなって歩けなくなり、しばらく休みますと痛みが和らぎ、また歩けるようになると言う症状を繰り返すことです。

なお間欠性跛行は、それ以外に、下肢への動脈に動脈硬化が起こって血液の流れが悪くなって起こる場合もあります。